結婚指輪は自分の好みに合わせて手作りできる

結婚するなら指輪を買おう

リング

一般的に婚約指輪は男性から女性に贈るものですが、結婚指輪は男性も女性もするカップルが殆どです。この2人の結婚の証でもある結婚指輪に憧れを持つ人も多いとは思いますが、気になるのはやはり値段です。どれくらいが相場なのか、予算はどれくらい見積もればよいのかご存じでしょうか。結婚指輪にかける予算は、最近では2人分で20万円前後とするカップルが多いようです。結婚指輪は婚約指輪と比べると少しリーズナブルですが、やはり指輪の価格は素材とデザインによって大きく変わってきます。まずは素材です。結婚指輪の定番といえばプラチナです。プラチナは硬度も高く、変質の恐れも少ないことに加え、何にでも合わせやすいカラーなので結婚指輪にぴったりです。しかしその希少性と人気からやはり比較的価格は高めになっています。その他の人気の素材にはゴールドなどもあります。こちらもシルバーなどに比べれば高価ですが、いずれもシンプルなデザインのもの、幅があまり広くないものなどを選べば1、2万円でも購入することができます。デザインも価格に大きく影響します。一昔前までは宝石のついた指輪は婚約指輪だけでしたが、最近では婚約指輪をカットして、結婚指輪に宝石が付いたものを選ぶカップルもいます。こうした指輪の場合、宝石の種類、大きさによって価格は異なってきます。ブランドにもよりますが、何も付いていないタイプと比べると1万円以上高くなると考えてよいでしょう。結婚指輪は高ければよいというものではありません。2人で話し合い、予算に合ったものを選ぶのがおすすめです。